メラニン色素を減らすには?【間違いだらけの美白ケア】

メラニン色素を減らすには、コレではダメ

メラニン色素を減らす

メラニン色素対策のための美白化粧品には2種類あります。 これからメラニン色素ができないように予防するタイプと、今あるメラニン色素を減らしシミ・くすみを解消するタイプの2つです。
美白(メラニン色素のケア)に関して、よくある間違いは、予防タイプか解消タイプのどちらか1つだけを使うこと。 多くの化粧品は予防タイプで、それだけでは今あるメラニン色素を減らすのは難しいのです。
解消タイプでは、ハイドロキノンを配合した化粧品がおすすめ。 ハイドロキノンは、皮膚科医などで処方されるもので、以前は化粧品として使うことが認められていませんでした。 今は、化粧品として使うことが認められていて、できてしまったシミに最強の美白成分と言われています。
ハイドロキノン配合の化粧品で人気のあるのは、ドクターシーラボ、アンプルール、ビーグレン。 これらの化粧品で予防タイプの成分も含んでいるのはどれか、比較してみます。


メラニン色素を減らすにはどれ?ビーグレン、アンプルール、ドクターシーラボを比較

比較 ビーグレン アンプルール ドクターシーラボ

ビーグレン 美白セット

アンプルール

ドクターシーラボ HC-119
金額 トライアルセット 1,890円 トライアルキット 1,890円 2,772円
解消タイプの成分 ハイドロキノン ハイドロキノン ハイドロキノン
予防タイプの成分
シムホワイト377
アルブチン -
肌への浸透性
高い
普通 普通
総合
予防タイプ成分で最も良いと言われるシムホワイト377を配合。 独自の浸透テクノロジーで肌の奥まで美白成分を届けて、直接メラニン色素に働きかける。
予防タイプとしてアルブチンを配合。 メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを邪魔する作用がある。 ハイドロキノン3%配合と5%配合の2種類あり。 ただし、ハイドロキノンは効果が高いため、刺激が強いので注意が必要。

予防&浸透性でビーグレンが有利!!

ハイドロキノンは水溶性で肌に浸透しにくいという特徴があります。 いくら良い成分でも肌に浸透しなければ意味がありません。 ビーグレンは国際特許になっている独自の浸透テクノロジーで、ハイドロキノンやシムホワイト377を肌の奥まで浸透させるので、他の化粧品よりおすすめ。


メラニン色素を減らすために、ビーグレンが有効な3つのポイント

ハイドロキノンとシムホワイト377でメラニン色素をケア
ビーグレンは解消タイプのハイドロキノンと予防タイプのシムホワイト377を配合。
ハイドロキノンはすでに出来てしまったメラニン色素を薄くし、シムホワイト377はこれからメラニン色素が出来るのを予防します。
浸透性がすごい
ハイドロキノンやシムホワイト、ビタミンCなどの美白成分は水溶性で肌に浸透しにくい特徴があります。
ビーグレンは国際特許にもなっているドラッグデリバリーシステムという浸透技術で、美白成分を浸透させます。
この技術は医療の分野で薬を体の中に届ける目的でも使われている信頼性の高いものです。
初めてでも安心、365日間返金保証
ビーグレンは365日間の返金保証が付いているので、安心して試すことができます。
またトライアルセットもあるので、最初はトライアルセットから始めることをおすすめします。
ただし、美白はどんな化粧品を使っても時間がかかります。最低でも3ヶ月くらい続けないと効果がでません。
トライアルセットは自分の肌に合うことを確かめるつもりで始めてください。

メラニン色素を減らすには?【間違いだらけの美白ケア】について

ホワイトニングのアイテムで1つ選ぶとしたら何を選びますか?私なら美容液ですね。こちらの美白美容液で上位になっているものが良いですね。

ホワイトニングのアイテムには幾つかジャンルがあります。それは美白 洗顔石鹸、美白化粧品、シミを消す美容液といったものです。それぞれに使う目的が異なります。自分に合ったものを選ぶことが大切です。

シミを消す方法はいろいろありますが、中でもお手軽で効果も期待できるのはシミを消す美白化粧品でケアすることです。ただし、美白化粧品と言っても、シミを予防するものと消すものでは期待できる効果が違うので、目的のものを選ぶようにしましょう。

美白化粧品にはいくつかタイプがあります。例えば1つはシミを消す化粧品です。シミを消したい方にオススメです。また、シミを予防するタイプの美白化粧品もあります。ビタミンCが配合されているものは、美白だけでなくエイジングケアも期待ができるので年齢を重ねた方に人気があります。化粧品だけでなく洗顔石鹸でも美白用のものがあります。これは毛穴の汚れを落とし、肌の明るさをアップするものです。